フリーランスにも名刺は必要?実際のところはどうなのか紹介!

 

 

フリーランスとして働いていると、企業とお付き合いすることが少なからずあると思います。

 

その際、担当の方から名刺をいただきますよね。

 

あれ?自分は無いんだけどこう言う時の場合渡した方がいいのかな?

 

そう思った方もいると思います。

 

今回は名刺の役割や必要かそうで無いかを紹介していきたいと思います。

 

 

名刺は必要!屋号登記してなくても作成をオススメ!

 

 

個人的な感想ですが、名刺は必要だと思います。

 

なぜ必要なのかを簡単に説明すると、仕事をする上で必要な情報を小さな紙1枚にまとめられるからです。

 

名刺に記入することは以下の項目が基本です。

  • 会社名(屋号)
  • 個人名
  • 住所
  • 電話番号(fax)
  • メールアドレス
  • 業務内容

 

これを小さな紙一枚にまとめることで、貴方と仕事をするときに名刺を見ればすぐにメールを送れたり、請求書や重要書類の郵送などができます。

 

ほかにも、トラブルでアドレスや電話番号が消えた時も名刺があれば再登録できます。

 

 

作らない人は必要がないから?名刺の無い人はなぜ作らない?

 

 

名刺は必要だと前述しましたが、必要のない方もフリーランスの中にはいます。

 

たとえば、ブログやなにかしらのジャンル有名になった方は企業の方から連絡をしてくるので、その人の情報は調べているわけです。

 

その人に仕事を頼みたいので、企業が名刺を渡すことはあってもブロガーの方が渡す必要は少ないと思います。

 

ほかにも、勤めていた会社から独立し、勤めていた会社が発注者となれば名刺の交換は今更な感じになります。

 

 

ある程度固定の顧客があるのであれば名刺は必要ないと思われます。

 

 

結局は名刺は作った方がいいの?

 

 

必要!と書いたり必要ない!と書いてあるので分かりづらくなってしまったかと思いますが、結論を言うと人それぞれです。

 

自分を売り込みたい。

いつどんなところにビジネスチャンスが転がってるかわからない!

 

アンテナをビンビンに張ってる人は名刺を作成した方が良いです。

居酒屋やバーのカウンターで隣に来たおじさんと仲良くなり仕事の話をされ、何かあったら連絡下さいと名刺を渡して顧客になることはまれにあることです。

 

他にも職種的に名刺が必要不可欠な職種もあります。

 

 

逆に必要のない人は、今の仕事で安定している方や売り込みをする必要がない方だと思われます。

 

これ以上仕事が増えたらしんどい!と思っているのに、私はこう言うものですとアピールする人は少ないと思います。

 

しかし、名刺を渡さないだけで、作っておくのはいいかもしれません。

 

 

 

名刺は自宅で作成するレベルでいいの?印刷会社に依頼する?

 

 

 

家庭用のプリンターで作成した名刺はナナメに印刷されたり、色がまばらになる可能性があります。

 

名刺の作成は近所の印刷会社、もしくはネットで注文するのがいいでしょう。

 

よほど急ぎで必要でない場合は自宅で作成した名刺はオススメしません。

 

人柄まで疑われる可能性があるからです。

 

 

まとめ

 

名刺が必要な人は自分を売り込みたい人!

不必要な人は忙しくて自分を売り込まなくてもいい人!

名刺は印刷会社に依頼した方が綺麗に出来上がる!